医薬品

AMEDとがん研と製薬企業

日本経済新聞 朝刊 企業 (14ページ)2016/5/26 3:30 アステラス製薬など製薬6社は、日本医療研究開発機構(AMED)や国立がん研究センターなどと組んで、がん免疫治療薬などの創薬研究を始める。6社アステラス、協和発酵キリン、第一三共、エーザイ、小野薬品…

阪大と中外製薬提携

中外、阪大と包括連携免疫やがんの新薬を開発日本経済新聞 朝刊 1面 (1ページ)2016/5/19 3:30 中外製薬と大阪大学は新薬の研究開発などで包括連携する。中外が阪大の免疫学の研究所に対して10年間で100億円を支援する見通し中外は2017年度から阪大免疫学フロ…

マンダム 阪大 共同研究講座

大阪大学大学院 薬学研究科 先端化粧品科学共同研究講座 再生医療技術等を用いた、化粧品の機能性成分探索のための 評価方法の構築 招へい准教授 藤田郁尚 http://www.mandom.co.jp/release/2015/src/2015070902.pdf「老化を防ぐ化粧品や、染料を使わずに染…

サムスンバイオロジクスのプラント 1~3

サムスンバイオロジクスの概要日本経済新聞 朝刊 アジアBiz (9ページ)2016/5/11 3:30サムスンバイオロジクス バイオ医薬品の受託生産2011年に設立した。韓国・仁川に本社と工場。従業員は約1200人。設備の概要https://www.samsungbiologics.com/manufac/faci…

エムキューブ株式会社 治験臨床用グループウェア

プレスリリースhttp://m3cube.co.jp/news/20160418.html事業概要事業内容 インターネットを利用した医療関連領域へのビジュアルコミュニケーションサービスの提供製薬業界における臨床試験(治験)・臨床研究で、製薬企業やCRO(受託臨床試験実施機関)、医…

川崎COIの成果 アスベスト 中皮腫 DDS

プレスリリース 4月18日記者会見http://coins.kawasaki-net.ne.jp/information/pdf/20160418.pdfナノ医療イノベーションセンターの研究のひとつが論文掲載抗ガン剤入れたナノ粒子をがんの血管にある隙間からpHをトリガーにして送り込む技術にマウスで成功。

人工知能と創薬

インタープロテイン、AIで解析し創薬日本経済新聞 朝刊 新興・中小企業 (10ページ)2016/4/25 3:30 創薬ベンチャーのインタープロテイン(大阪市、細田雅人社長)は人工知能(AI)を使った医薬品を開発する。プレスリリースhttp://www.interprotein.com/jp/ne…

大阪大VCが糖尿病薬ベンチャーに1億円

15年7月に立ち上げた125億円のファンド2016年4月に新しい投資先を発表。4/15日経より。抗菌ペプチドの知財、塩野義との共同研究褥瘡治療、糖尿病治療に期待株式会社ファンペップに一億円社 名 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社 (OSAKA University Vent…

末梢神経 慢性疼痛

日本経済新聞 朝刊 社会1 (34ページ)2016/4/13 6:00 自然科学研究機構生理学研究所の鍋倉淳一教授らは末梢(まっしょう)神経が傷つくと、治った後も軽く触れただけで激しく痛む慢性疼痛(とうつう)が起こる仕組みを突き止めた。生理研のプレスリリースhttp…